かみあわせの注意する問題点

インプラントのかみ合わせ

インプラントの注意点

インプラントはかみ合わせに注意することは重要です。噛む行為は自然の歯であっても口以外のところにも影響がある為しっかり治療しないとトラブルを引き起こします。インプラントのかみ合わせのトラブルの注意としてまず例を挙げると第一にパーツに余計な力が入ってしまい劣化するところです。第二にはセラミック タイプの上部構造の場合で硬いものを食べると破損するというものです。第三にはインプラントの治療を一箇所にしない場合に起こるケースです。これは医師によってかみ合わせの治療や注意の見解の違いによることで起きるトラブルでお互い連携していないときちんとした治療にならないことによります。このトラブルはあらかじめ治療の前に連携できるところで治療かもしくはきちんとした一箇所の歯科医院に任せることで避けられます。別の面では噛み合わせは良くても歯ぎしりの癖等がある場合もトラブルになるので治療後は睡眠時にマウスピース必須になる事もあります。またインプラントによって逆にかみ合わせが改善されるという利点もあるので歯の状態によって自分にあった様々な治療の選択肢が出てくるので話のみに流されないことが注意する所です。自分の歯はどうなっているか理解した上でどのような治療方法にするか本人が決定することが重要です。

↑PAGE TOP