Tシャツをオリジナルで

プリントTシャツを自作しよう

アイロンプリントが簡単

自分だけのまさにオリジナルなTシャツを作りたい方にとって、プリントTシャツは手軽にオリジナリティを出すことができるものだと言えるでしょう。自分でプリントTシャツを作る方法には、一体どんなものがあるのでしょうか。手間をかけずにオリジナルTシャツを作りたいならこちら。

プリントTシャツの作り方には主に、アイロンプリント、サンラバー、シルクスクリーンの3種類の方法があります。この中で最も簡単にできる方法は、アイロンプリントによる作成方法でしょう。

アイロンプリントは、デザインシートをアイロンを使ってTシャツに圧着するだけで作ることができるため、難しい工程がほとんどないことからたいへん手軽にプリントTシャツを作ることができます。費用的にも安価で行えるのが特長です。
しかし、アイロンプリントは洗濯による消耗が激しく、数回の洗濯だけでプリントがはがれてしまうような場合もありますので、耐久性を考える方にはおすすめできないと言えます。

より耐久性の高い方法であるサンラバーは、アイロンを使って好きな形に切ったシートを熱でTシャツに貼り付けて作るものになります。アイロンプリントよりも耐久性は高めであり、少々の摩耗でも問題なくプリントを楽しむことができます。ただ、シートを切って自分の好みの形に成形するのは難しいため、特に細かいデザインを希望する方には向かない方法だと言えるでしょう。

3種類の中で最も高度な方法であるシルクスクリーンは、インクを通す部分と通さない部分に分けて型紙を作り、通す部分に小さな穴を開けてインクを注入するというものです。複雑なデザインでも再現できるうえに耐久性も非常に高いのが特徴ですが、そのぶん難易度も高いのが特徴です。

Copyright © プリントTシャツを自作しよう. All rights reserved.